屋上防水や建物、設備の点検でトラブルを予防

太陽光パネルの取り付けを行なうと雨漏りが発生することがあります 太陽光パネルの取り付けを行なうと雨漏りが発生することがあります

太陽光パネルの点検で雨漏りを予防

屋根

住宅の屋根に太陽光パネルを設置した後は、予防対策を行なって雨漏りの発生を未然に防ぐ必要があります。まずはいろいろな予防対策をチェックし、個人でも実施できるような対策を住宅へどんどん取り入れていきましょう。

最も大切なのは太陽光パネルの手入れです

太陽光パネルは長期間使用していると、パネルの上にゴミや雪などが積もったりすることがあります。場合によってはこういったものが落ちて通行人や近隣住民に悪影響を与えることがあるので、パネルの清掃はしっかり行なっておきましょう。

設置後に発生する雨漏りの防止対策

太陽光パネルを定期的に点検
太陽光パネルを設置した後に屋上の外観を点検しておけば、屋上に発生している雨漏りをいち早く察知することができます。迅速に防水工事などを実施しておくことで、屋上の修繕にかかる時間や費用を節約することが可能です。
太陽光パネルの発電量を調べる
建物や設置した設備に何らかの不調が起こっていると、太陽光パネルの発電量は低下します。そのため毎日の発電量を欠かさずチェックしていれば、発電量の増減で太陽光パネルの故障や屋根の破損を把握することができます。

屋根自体の手入れも非常に重要

屋上に水たまりやひび割れが発生しないように、太陽光パネルを手入れする際は屋上の手入れも同時に行なっておきましょう。定期的に屋上防水や手入れを実施しておけば、建物全体をいつまでも美しい状態を維持することができます。

屋根に溜まったゴミや土はきちんと取り除いておきましょう

屋上に溜まっているゴミや土は、排水管を詰まらせて屋上に水を溜まりやすくしてしまいます。そのため防水業者に屋上防水や点検を実施してもらった後は、ルーフドレン周辺に溜まっている土やゴミをきちんと取り除いておきましょう。

TOPボタン