太陽光パネルの設置後に雨漏りが生じる原因~屋上防水で対策~

太陽光パネルの取り付けを行なうと雨漏りが発生することがあります 太陽光パネルの取り付けを行なうと雨漏りが発生することがあります

防水業者から雨漏り原因を教えてもらおう

太陽光パネルの設置が完了した後に発生する雨漏りには、いくつかの原因が存在します。まずは防水業者に質問を行ない、自宅で雨漏りが発生する原因を調べてみましょう。原因を特定すれば、効果的な対策を実行することが可能です。

防水業者が教える雨漏りの発生原因

太陽光パネルの設置後に雨漏りが発生する原因は何ですか?
太陽光パネルを設置する業者の中には、建築に関する知識が無いまま取り付け作業を行なっている業者が存在します。こういった業者に施工を依頼すると、屋上に穴が開いてそこから雨漏りが発生してしまう可能性が高いです。
設置する機材が原因で雨漏りが発生することもあるんですか?
住宅に設置する太陽光パネルの機材には、いろいろな大きさのものが存在します。住宅の屋根に適さない大きさの機材を使うと垂木の無い場所に穴を開けてしまい、そこから雨水が住宅内へと侵入してしまうようになるため非常に危険です。
設置工事の後はどういった点に注意すべきですか?
太陽光パネルの設置が完了しても、雨漏りがすぐ発生するとは限りません。防水処理の効果が時間と共に低下し、突然雨漏りが発生することもあるので注意しましょう。また、雨漏りが発生していても、天井から水がしみ出してこないこともあります。

太陽光パネルを設置する際は防水工事を必ず実施しましょう

住宅に太陽光発電を設置する際は屋上にダメージが生じてしまうため、設置工事を行なうなら同時に屋上防水も実施してもらうのがベストです。きちんと屋上防水を実施しておけば、工事が完了した後に雨漏りが発生することはありません。

まとめ

防水工事は屋上に防水層を設置し、太陽光パネルの設置によって生じた影響を解消するのに必要な施工です。どのような住宅でも屋上防水は実施する必要があるので、設置工事を依頼する際は必ず防水工事を依頼するようにしましょう。

TOPボタン